ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

障がい児者入所施設の整備(3)

重症心身障害者入所施設整備調査の実施

18歳を超える重症心身障がい者の入所施設が、岐阜県内で不足状態にあることを踏まえ、今後の整備に向け、経営上の採算ラインや入所者の見通し、施設のあり方などについて検討。

調査・検討項目

○近隣県の施設及び整備の動向

○他県施設の運営形態

 ・経営主体、規模、医師・看護師の確保状況、経営状況、待機者の状況など

○県内の在宅重症心身障がい者の状況(保護者に対するヒアリング)

○県内の入所施設の現況

○入所を要する者の見込みなど

 

→障がい児者医療推進室のページ(目次)へ