ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

障がい児者医療医療人材の育成・確保について(4)

その他の普及・啓発の取り組み

1障がい児者医療従事者育成シンポジウムの開催(H26年度)

障がい児者医療に従事する医師、看護師、コメディカルの人材育成を考えるシンポジウムを、長良医療センター、岐阜大学障がい児者医療学寄附講座と共に開催。

【開催実績】

1日時:平成26年7月26日(土)於:ホテルグランヴェール岐山

2内容:

・基調講演「障がい児者医療の現状と課題」(谷内江昭宏金沢大学小児科学教授)

・シンポジウム「障がい児者医療を支える多職種の人材育成」

 深尾敏幸岐阜大学小児病態学教授

 西村悟子岐阜大学障がい児者医療学講座准教授

 大石明宣医療法人信愛会理事長

 伊藤千穂長良医療センター副看護部長

 浅岡俊彰東名古屋病院主任作業療法士

2メディア等を活用した障がい児者医療の普及啓発(H25、26年度)

障がい児者医療に対する関心を高めるとともに、現場で働く医師、看護師、コメディカルらのモチベーション向上を図るため、テレビ番組、新聞での対談掲載等を実施中。

(1)テレビ番組「障がい児者を支える人たち」の制作・放送

障がい児者医療に従事する医療関係者や施設を紹介するテレビ番組を制作。(5分番組×18回、15分番組×3回)

ぎふチャンテレビ「Station!」で、平成26年4月から12月まで、第2・4木曜日の18:40頃から放送中。
 

【これまでの放送テーマ】(5分番組)
・岐阜県立希望が丘学園(第1回、第2回)
・岐阜県総合医療センター(第3回、第4回)
・国立病院機構長良医療センター(第5回、第6回)
・伊自良苑【自閉症療育専門施設】(第7回)
・いかわクリニック【児童精神科開業医】(第8回)
・発達障がい支援センターのぞみ(第9回)

(2)新聞紙上での対談記事等の掲載

障がい児者医療の現状・魅力に関する対談、新希望が丘学園、岐阜県総合医療センター障がい児病棟整備を紹介する新聞全面企画広告を掲載。

【これまでの掲載実績】
平成26年7月12日(土)岐阜新聞掲載
「若手小児科医が語る障がい児医療への思い」座談会
岐阜県総合医療センター松尾直樹医師
長良医療センター丸田香奈子医師
希望が丘学園白上遊医師
岐阜大学障がい児者医療学講座西村悟子准教授

3重症心身障がい児者をテーマにしたDVDの制作(H25年度)【地域医療推進課】

県内の重症心身障がい児者とその保護者、支援する医療機関や福祉施設、特別支援学校に協力いただき、重症心身障がい児者の状態、必要な医療的ケア、在宅や地域での生活の様子等を紹介したDVDを制作。

制作趣旨

医療機関や福祉施設に従事している医療・福祉関係者や今後看護師を志す方に、重症心身障がい児者の状態や必要な医療的ケアの方法等を知っていただくことで、重症心身障がい児者の方々を支援する人が増やし、短期入所等の受入先を拡大する。

内容(35分)

(1)重症心身障がい児者とは?

(2)重症心身障がい児者の状態と特性

(3)岐阜県内の状況は?【H22から23に県が実施した調査結果】

(4)重症心身障がい児者の生活

(在宅/医療型短期入所事業所(総合病院・診療所)/生活介護事業所/特別支援学校)

(5)保護者や支援者の声

 

→2在宅障がい児者・家族の支援に向けた取り組み

→障がい児者医療推進室のページ(目次)へ