ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

障がい児者医療医療人材の育成・確保について(1)

医師の育成・確保に向けた取り組み

1障がい児者医療学寄附講座の設置(平成26年度から)

障がい児者医療に関心を持つ医学生を育てるとともに、岐阜県内の障がい児者医療の水準向上に向けた研究や普及活動等を行うため、岐阜大学医学系研究科小児病態学講座に寄附講座を設置。

(1)設置期間

平成26年4月1日から平成29年3月31日(3年目以降の継続も検討)

(2)寄付金額

毎年度2,500万円

(3)対象障がい

重症心身障がい、発達障がい

(4)担当教員

准教授、助教の2名体制

(5)寄附講座の教育・研究目的、内容

 1障がい児者医療の現状把握と課題の発掘:障がい児者の実態、医療状況等についてのアンケート調査、ヒアリング調査

 2障がい児者医療教育

 ア.学部教育として、障がい児者医療学のカリキュラムを作成、実施

 イ.小児病態学講座の若手医師が、一定期間臨床研修に従事する機会を設定

 3障がい児者医療の地域での推進

 ア.重症心身障がい児者医療について

 i)医療的ケアのガイドラインの作成、ワークショップの定期的開催

 ii)病院と病院、病院と開業医間の合同カンファレンスをモデル開催

 iii)専門医師の診療活動を通じた診断技術や在宅医療支援等の臨床研究

 イ.発達障がい児者医療について

 i)専門医師の診療活動を通じた診断技術や家族支援等の臨床研究

 ii)限られた医療資源の有効利用に関する方策の検討

 4障がい児者医療に従事する医師の育成

 ア.医療的ケアを学ぶ実技講習や、ケースカンファレンスの実施

【第6回小児在宅医療実技講習会】

○平成26年8月3日(日)於:名古屋大学医学部附属病院

○在宅酸素、胃ろう、在宅人工呼吸器・カフマシン・気管切開に関する実習、在宅訪問医や家族の講演、福祉医療制度に関する講演などを終日実施

○日本小児科学会主催により、名古屋で開催される講習会に、岐阜大学障がい児者医療学寄附講座も共催として参加。

(他の共催団体:日本小児科学会、名古屋大学大学院医学系研究科障害児(者)医療学寄附講座、三重大学病院小児トータルケアセンター)

 
イ.子育て等で現場を離れた女性医師などを対象に、障がい児者医療の技術を習得する研修システムを構築

【岐阜こどもの発達研究会(ミモザ会)】

発達障がいに関心のある女性小児科医(子育て中の医師などを含む)、学生等による研究会を設置

○第1回研究会(平成26年7月12日(土))

テーマ:ダウン症児におけるPARSーTRの検討

発表者:ポッポの家診療所笠原由貴子医師


→(2)看護師看護師の育成・確保に向けた取り組みへ

→障がい児者医療推進室のページ(目次)へ

 

リンク(記者発表資料)

第1回岐阜こどもの発達研究会(ミモザ会)を開催(H26.7.11)

県と岐阜大学との協定締結について(H26.3.19)