ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

学校概要

 岐阜県立下呂看護専門学校は、地域社会に貢献し得る看護師の育成を目的として昭和59年(1984年)に岐阜県が開設した看護専門学校です。

 卒業時に看護師国家試験の受験資格、保健師・助産師学校の受験資格及び看護系大学編入学試験の受験資格が得られます。

 開校当時の写真

 

教育理念

 本校は、生命の尊厳と人間愛を基盤として、対象を思いやる豊かな人間性を育み、専門知識・技術を教授し、社会のニーズに応え得る能力を養い、安全で安心な医療を担う、専門職業人を育成します。

 

教育目的

 本校の教育は、保健師助産師看護師法に基づき、看護に必要な基礎知識、技術及び態度を習得し、豊かな人間性を備え、社会のニーズに対応できる看護師の育成を目的とします。

    

学校の特徴

 下呂温泉で有名な下呂市にある自然に恵まれた小規模校です。学生一人ひとりへのきめ細かな指導、学年間の交流を大切にしています。実習は主に地方独立行政法人岐阜県立下呂温泉病院で行います。実習指導者と教員が協力しあい、学生が安心して実習できる環境です。学校の隣には寮があり学習に集中できる環境が整備されています。

 

校舎の写真

 校舎の外観及び内部

 校門の写真正門玄関の写真

 

 図書室の写真図書室勉強風景の写真

 

 看護実習室の写真

 

 

清心寮の写真

 女子寮の外観

 清心寮看板の写真寮の建物写真