ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成29年凡例

1.この統計書は、県の各部局、関係官公署、団体等から集めた資料によって編集したものである。

2.本書は、原則として平成28年(暦年・年度)の事実により収録し、これにより難いものは、最近年次の調査事実を取り入れ

 た。

3.数字の単位未満は、原則として四捨五入した。したがって、総計の数字と内訳の計とが一致しない場合がある。

4.各統計表の説明は頭注に、資料の出所は脚注に掲げた。なお、資料の出所の名称は、本書の資料収集時点の名称で記

 載している。

5.特に注記しない限り、年は暦年(1月から12月まで)、年度は会計年度(4月から翌年3月まで)を示す。

 なお、西暦表示では、年度をFY(FiscalYear会計年度)で、年平均をAv.(Average平均)で示した。

6.本表に掲げた数字のうち、これまでに発表した数字と異なるものがあるときは、その後修正したためである。

7.統計表の市・郡・町・村は、原則として調査時の区域によった。

8.統計表中の符号の用法は、次のとおりである。

 0,0.0単位未満(四捨五入後)
-該当数値なし
...不詳・資料なし(調査していないものを含む)
△マイナス
X数字が秘匿されているもの

9.統計資料について、更に詳細な数字が必要な場合、あるいは疑義がある場合には、各表ごとに付記してある資料を調べ

 るか、同資料作成機関又は、県統計課(電話058-272-1111)に照会してください。