ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

バドミントン女子「フクヒロ」ペアに「清流の国ぎふ栄誉賞」を贈呈!

2018年12月18日(火曜日)

「清流の国ぎふ栄誉賞」を受け取った「フクヒロ」ペアと知事 知事に大会の様子を話す選手たち

18日、国内外の大会で好成績を収めている「フクヒロ」ペアこと福島由紀選手と廣田彩花選手が県庁を訪れ、知事から「清流の国ぎふ栄誉賞」を贈呈されました。
熊本県出身の2人は、平成30年5月に「岐阜トリッキーパンダース」に移籍しました。その後、世界一の国・地域を決定する第27回世界女子バドミントン選手権大会(ユーバー杯)で、日本代表の37年ぶりの優勝に貢献しました。また、第72回全日本総合選手権大会の女子ダブルスで連覇を果たすなど活躍をみせています。
知事は「フクヒロは、福が広がる縁起の良い名前。岐阜の人としてぜひ、オリンピックに向けて活躍してほしい」と期待を込めました。


関連するホームページ

バドミントン福島選手・廣田選手知事訪問


問い合わせ先

競技スポーツ課

TEL:058-272-8769/FAX:058-278-2604、c11173@pref.gifu.lg.jp


前の記事 次の記事