ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

瑞浪ボーノポーク復活!関係者が知事と面談

2020年7月6日(月曜日)

古田知事と「ボーノポークハム工房“瑞浪”」の関係者 瑞浪ボーノポーク加工品

 6日、豚熱(CSF)の被害にあったブランド豚「瑞浪ボーノポーク」の復活を報告するため、瑞浪市長と農産品直売所「きなぁた瑞浪」にオープンした「ボーノポークハム工房“瑞浪”」の関係者が知事と面談しました。
ボーノポークは、県畜産研究所が開発した種豚「ボーノブラウン」を交配させて生産された豚肉で、霜降りの多い豚肉です。
関係者から豚の出荷がCSF発生前の半分ほどに戻ったことなどの報告を受け、知事は「県をあげて応援していきたい。」と話しました。


関連するホームページ

ボーノポーク加工施設オープンに関する面談について


問い合わせ先

畜産振興課

TEL:058-272-8449/FAX:058-278-2694/c11437@pref.gifu.lg.jp


前の記事 次の記事