ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「第19回全日本少年少女空手道選手権大会」で活躍した選手が知事と面談!

2019年8月27日(火曜日)

空手道選手権大会で活躍した選手らと知事 面談の様子

「第19回全日本少年少女空手道選手権大会」に出場した選手らが、27日、県庁を訪れ、知事と面談しました。
8月3日・4日に東京で行われた大会では、小学1から6年生の男女組手及び形競技(個人戦)のトーナメント方式で試合が行われました。小学6年の内匠勇一朗(たくみゆういちろう)さんは組手で優勝し、小学4年の山口璃貫(やまぐちりつき)さんは組手2位、小学4年の西村まりあさんは組手3位の結果を収めました。
内匠さんは「優勝することができてうれしい。来年から中学生になるので、誰にも負けないという気持ちを常にもち、日々の練習を無駄にしないようにしたい」と話しました。


関連するホームページ

全日本少年少女空手道選手権大会で活躍した選手が知事と面談


問い合わせ先

競技スポーツ課

TEL:058-272-8769/FAX:058-278-2604/c11173@pref.gifu.lg.jp


前の記事 次の記事