ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

流域浄水事務所の紹介

組織・職務内容

 組織・職務内容

 

事業の概要

1事業名

 木曽川右岸流域下水道事業
事業の経過

2事業の目的

 下水道事業は、都市の健全な発展と公衆衛生の向上に寄与し、併せて公共用水域の水質保全のためにも重要な事業であります。
このような認識のもとに、木曽川、長良川水域の下水道の整備に関する総合的な基本計画(流域別下水道整備総合計画)に基づいた木曽川右岸流域下水道事業は、岐阜県施工による下水道事業で、木曽川及び長良川流域4市6町の汚水を各務原前渡地区の終末処理場で広域的に処理することにより、流域住民の生活環境の改善と両流域の水質保全に資するとともに岐阜県が策定した「全県域下水道化構想」の中核をなす事業でもあります。

3関係市町(4市6町)

 岐阜市(長森、芥見、日置江、北東部、柳津町)、美濃加茂市、各務原市、可児市、岐南町、笠松町、坂祝町、川辺町、八百津町、御嵩町

4計画規模

計画処理面積16773[ha](認可計画13251[ha])
計画処理人口466200[人](認可計画433510[人])
計画処理水量241815[m3/日](認可計画218475[m3/日])
排除方式分流式
汚水幹線管渠7幹線、延長約77.6[km]
放流幹線管渠延長約9.1[km]

5幹線管渠

 木曽川幹線、長良川幹線、芥見幹線、岐阜幹線、川島幹線、飛騨川幹線、八百津幹線、境川放流幹線

6処理場

 名称岐阜県各務原浄化センター
敷地面積約37[ha]
処理方式(標準活性汚泥法・嫌気無酸素好気法・ステップ流入式多段硝化脱窒法+凝集剤添加)+急速砂ろ過
放流河川木曽川、長良川(境川流域普通河川)
水処理施設全体計画27[池](認可計画26[池])

汚水処理区域の画像

 

浄化センター

 浄化センターの働き(PDF:1.25MB)

 

環境への取組

○下水道は、私たちの生活環境を改善するとともに、自然を支える清流を守るための重要な役割を果たしています。
○当事務所のある各務原浄化センターは、平成11年に都道府県の処理場としては全国5番目、中部地方では初めてISO14001の認証を取得し、環境方針(PDF:74.2KB)を定めています。

 

岐阜県職員倫理憲章

 流域浄水事務所実行計画(PDF:13.8KB)

 

関係機関リンク