ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

学校給食の休止に伴う未利用食品活用緊急促進事業のうちフードバンク活用の促進対策及び再生利用の促進対策

 新型コロナウイルス感染症対策に伴う小学校、中学校等の臨時休業により、学校給食で活用する予定であった食品・食材(牛乳を除く。)が未利用となり、その他の用途として販売できない場合には、やむを得ず廃棄されることが懸念されています。

 このため、農林水産省では、未利用食品をフードバンク(食品関連事業者その他の者から未利用食品等まだ食べることができる食品の寄附を受けて貧困、災害等により必要な食べ物を十分に入手することができない者にこれを無償で提供するための活動を行う団体)へ寄附する際に必要となる輸配送費の支援、また、フードバンクへの寄附を含めた食品としての活用が困難な場合に、飼料、肥料等として再生利用するために必要となる輸配送費及び再生利用事業者に対して支払う再生利用に係る処理費を支援することとし、事業実施者の公募が開始されましたのでご了知願います。

 

事業実施主体:市町村、農林漁業者、食品事業者など

応募期間:令和2年3月10日(火)から24日(火)17時必着

応募先:農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課(東京都千代田区霞が関1-2-1)

 

※詳しくは、実施要綱及び募集要領をご確認願います。

 

情報一覧

農林水産省関連ホームページ

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/foodbank.html<外部サイト>

 

学校給食の休止に伴う未利用食品活用緊急促進事業のうちフードバンク活用の促進対策及び再生利用の促進対策実施要綱

PDFファイル:495KB

 

令和元年度学校給食の休止に伴う未利用食品活用緊急促進事業のうちフードバンク活用の促進対策及び再生利用の促進対策に係る募集要領

PDFファイル:553KB