ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

交通安全祈願だるま贈呈式(4月6日)・交通安全早朝啓発(4月10日)

だるま目入れ だるま贈呈

 

4月6日恵那市交通安全女性連絡協議会の皆様から、交通安全祈願だるまを贈呈していただきました。

恵那市内での交通事故死亡者数は前年度から増加することなく、祈願成就したので古いだるまに目を入れてお返ししました。(写真左)

今年度も交通安全の推進に取組み、交通事故死亡者を減少させようと新たなだるまの片目に所長が目入れをおこないました。(写真右)

 

【参考】

県内および恵那市内の交通事故死亡者数の推移
26 27 28
人数(県内) 93 106 90
人数(恵那市内) 4

(参考:岐阜県警察本部HP及び恵那警察署HP)

 


街頭啓発・総合庁舎前 街頭啓発・原西交差点

 

 また、4月10日には、恵那市内の国道19号線原西交差点と恵那総合庁舎前の道路において、職員による

交通安全早朝啓発活動を実施しました。

 「シートベルト着用」と書かれた旗を持ち、ドライバーの方の注意を引くことで、交通安全への意識を高め

ていただくことを目指しました。

 交通事故の8割近くの方はシートベルトを着用していれば死亡に至らなかったとされます。すべての座席で

シートベルトの着用を徹底し、大切な命を守りましょう。


 

 

恵那県事務所だより一覧へもどる

 

 

▲トップへ戻る