ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

恵那総合庁舎内職員による「ノーカン活動」を実施!(5月30日)

 「清流の国ぎふ」づくりを推進する県では、環境美化意識の高揚を目的として、昭和62年度から、「美しいふるさと運動」を実施しています。

 この運動の強化期間として、平成3年度から、毎年、5月30日〜6月5日(「ごみ減量・リサイクル推進週間」と同一期間)を「空き缶クリーン・キャンペーン週間」と定め、県内各地で様々な取組みを行っています。

 

 その一環として、「空き缶クリーン・キャンペーン週間」初日である5月30日(火)に、恵那総合庁舎に勤務する県職員約100人による「ノーカン活動」を庁舎周辺道路等で実施しました。

 

活動の様子1 活動の様子2

 

 また、あわせて、特定外来生物である「オオキンケイギク」(キク科の植物)の駆除も行いました。

 「清流の国ぎふ」マスコットキャラクターミナモも一緒にがんばりました。

 「オオキンケイギク」も含め、空き缶、ペットボトルなど40kgを回収することができました。

 

ミナモの活動 回収したゴミ

 

 秋には、「環境衛生週間」(9月24日〜10月1日)に、第2回「空き缶クリーン・キャンペーン週間」を予定していますので、ぜひ、県民の皆さんも、環境美化の取組にご参加ください。

 

【オオキンケイギクについて(参考)】

 特定外来生物である「大謹啓菊(オオキンケイギク)」は近年、急速に広がりを見せており、在来の植物を脅かしています。

 特定外来生物の取り扱いについては、飼育、栽培、保管及び運搬することが原則禁止されるなど、外来生物法に基づく規制があります。

オオキンケイギク1オオキンケイギク2

 

 

 

 

 

 

 オオキンケイギクの駆除については次のホームページを参照してください。

 ○「オオキンケイギクは特定外来生物です」(リンク先:岐阜県庁HP)

 http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kankyo/shizenhogo/c11265/ookinnkeigiku.html

 

 

恵那県事務所だより一覧へもどる

 

 

▲トップへ戻る