ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

国道360号「(仮称)宮川2号トンネル」トンネル掘削着手安全祈願祭が開催されました

 県では、観光交流の促進や災害時の道路ネットワークの強化などを目的に国道360号「種蔵打保バイパス」の整備を進めております。

 このたび、飛騨市宮川町塩屋地内において整備を進めている(仮称)宮川2号トンネル工事のトンネル掘削工事に着手するにあたり、安全祈願祭が開催されました。

 

安全祈願祭の様子 古川土木事務所長あいさつ

 

概要

開催期間 平成30年9月19日(水)
開催時間 午前10時30分より
開催場所 飛騨市宮川町塩屋地内(仮称)宮川2号トンネル塩屋側坑口付近
主催 大日本・市川・H・C特定建設工事共同事業体
事業効果

・本トンネルが開通することにより、富山県とのアクセスが向上し、更なる観光

交流・地域振興が期待できます。

・一般国道41号を補完する飛騨地域北部の骨格幹線道路として重要な役割を果

たします。

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:404KB)

 

       戻る