ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

監査委員制度

リンク

監査委員制度

 

監査等の種類

 

監査等の結果

 

住民監査請求

 

外部監査

 

監査委員事務局のページにリンク

 

監査委員制度の概要

監査委員制度イメージ画像

 監査委員は、公正で合理的かつ効率的な行政の確保のため、県が最少の経費で最大の効果を挙げるようにしているか、組織及び運営の合理化に努めているか、事務の執行が法令などの定めるところに従って適正に行われているかなどの観点から、各種の監査を実施しています。

 

監査委員の位置づけ

 監査委員は、下の図のとおり、知事から独立した地位を認められた、地方自治法で定められる執行機関の一つです。

監査委員の位置づけ

 

 

監査委員の職務等

 それぞれの監査委員は独任制の機関(各委員がそれぞれ独立して職務を行う)ですが、監査の慎重な実施と監査の社会的信頼を確保するため、監査結果の報告の決定又は意見の決定については、監査委員の合議により行っています。

 

監査事務の流れ

  1. 年間監査計画策定・監査執行通知

  2. 監査の実施(書面監査・委員監査)

  3. 監査委員の合議により結果報告を決定

  4. 監査結果報告を知事等に提出・公表(県公報・インターネット等)

  5. 知事等から措置状況の通知

  6. 措置状況を公表(県公報・インターネット等)


 

監査委員選定と定数

選任

 監査委員は知事が県議会の同意を得て選任することとなっています。

 

定数など

 岐阜県の監査委員の定数は5人で、県議会議員から2人、県の財務管理、事業の経営管理、その他行政運営に優れた識見を有する人から3人選任されています。県議会議員から選任される監査委員を議選委員、識見を有する人から選任される監査委員を識見委員といいます。

 

任期

議選委員:議員の任期
識見委員:4年

daihyouhuji

 

監査委員名簿

 

監査委員の名簿

区分

氏名

就任年月日

備考

議選委員 非常勤 山本勝敏 平成30年5月8日
非常勤 太田維久 平成30年5月8日
識見委員 常勤 山本泉 平成27年4月1日 代表監査委員
非常勤 藤良寛 平成24年5月8日 弁護士
非常勤 杉山祐子 平成27年4月1日 大学教授