ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

監査の結果

リンク

監査委員制度

 

監査等の種類

 

監査等の結果

 

住民監査請求

住民監査請求の手引き

平成30年度監査結果

平成28年度監査結果

平成25年度監査結果
平成24年度監査結果

 

外部監査

 

監査委員事務局のページにリンク

 

平成28年度住民監査請求に基づき実施した監査結果

NO.  件名 監査結果全文

用地補償に係る契約の締結、履行及びそれに基づく
補償費の支出に関する住民監査請求

別紙
PDF(417KB)

 

監査の概要

○請求日平成28年11月1日
○結果通知日平成28年12月26日

 

○請求人の主張

 岐阜土木事務所が行う街路事業の用地買収に係る、岐阜市早田大通1丁目33番の建物の所有者

 及び同建物に入居者していた者(以下「補償対象者」という。)計14者に対する移転補償に関し

 て、入居及び経営実態がない者を補償対象としていること、補償費が過大であること、本人確認が

 不十分であることを理由に、

 (1)補償契約の締結及び履行が違法又は不当である
(2)同契約に基づく補償費の支払いが違法又は不当である

 として、補償対象者に対して過大に支出された補償費の返還を求め、その返還が困難な場合は、岐

 阜土木事務所長及び同事務所の担当者が損失を補てんするよう求める。また、支出が行われていな

 いものについては、その支出の差し止めを求める。

 

○監査結果


(1)に関して、

 ・2者については、住民監査請求の要件を欠くもの(請求期間である1年を経過している)とし

 て「却下」する。

 ・残りの12者については、請求に理由がないものとして「棄却」する。
(2)の28件の支出(前払い金14件、後払い金14件)に関して、

 ・前払い金14件については、住民監査請求の要件を欠くもの(請求期間である1年を経過して

 いる)として「却下」する。

 ・後払い金14件(支出が行われていない2件を含む)については、請求に理由がないものとし

 て「棄却」する。

 

※監査委員の判断については、「監査結果全文」のとおり