ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

定例会議の開催概要

平成31年1月30日定例会

平成31年1月30日に開催された定例会議の開催内容は次のとおりです。

<岐阜県警察から報告・説明があった事項>

 林委員長は、「富山の駐在所が、また襲撃された。岐阜でも起こり得るため安全対策等をよろしくお願いします。」旨述べた。

1.平成30年中の岐阜県警察音楽隊活動状況について

 総務室長から、平成30年中の岐阜県警察音楽隊活動状況についての報告があり、「岐阜県警察音楽隊は、昭和26年8月24日に創設され、広報県民課長を隊長に、広報県民課6人、教養課1人、通信指令課3人、自動車警ら隊17人の合計27人で構成されている。平成30年中の活動状況は、定期演奏会、就職説明会、交通少年団自転車大会、大垣十万石まつり等55件の派遣があった。今後も、県民の防犯・安全意識高揚の促進、及び更に警察を身近に感じてもらえるよう、創意工夫した新たな取組を加えた活動の推進に努めていく。」と説明した。

 この報告に関し、矢橋委員は、音楽隊隊員の勤務状況と練習頻度について質問をした。

2.「岐阜県サイバーテロ対策協議会」総会の開催について

 警備部長から、「岐阜県サイバーテロ対策協議会」総会の開催についての説明があり、「サイバーテロ等に関する各種情報交換、教養、対処訓練を通じて指定重要インフラ事業者相互の連携を図るとともに、サイバーテロ等の未然防止と発生した際の迅速的確な被害の拡大防止を図ることを目的として、本年2月5日、警察本部において、岐阜県サイバーテロ対策協議会を開催する。開催内容は、平成30年中の活動結果報告、来年度の活動計画、新規加入希望事業者の承認等を行った後、独立行政法人情報処理推進機構から講師を招き、『標的型サイバー攻撃の実際と対策』と題した講演を実施する。」と説明した。

 この報告に関し、古田委員は、「この協議会を通して、企業や大学にサイバー攻撃に対応する意識を広めていただくようお願いします。」旨述べた。

<決裁等>

 公安委員会に属する事務等について45件を決裁した。