ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

定例会議の概要

令和元年8月7日定例会

令和元年8月7日に開催された定例会議の開催内容は次のとおりです。

<岐阜県警察から報告・説明があった事項>

 林委員長は、「新聞報道によりますと、全国の児童相談所が、昨年度に児童虐待の相談・通告を受けて対応した件数は、15万9,850件で、統計開始から28年連続で増加しており、子ども相談センター(児童相談所)との連携を進める警察からの通報が増えているということです。今後も、児童を虐待から守るために、子ども相談センター(児童相談所)との連携が重要となってくると思いますので、警察としての対応をよろしくお願いします。」旨述べた。

警察庁等による令和元年度第1四半期監察結果について

 首席監察官は、警察庁等による令和元年度第1四半期監察結果について、「中部管区警察局による監察を、本年4月24日に監察課が、本年4月25日に恵那警察署が受監した。監察実施項目は、親睦会費等、私的管理金の適正な保管管理の取組状況についてであった。受監結果は、改善が必要な事項等は無かったが、今後とも、私的管理金管理の不断の見直しを行うものとする。また、他県での交番襲撃事件などを受けて、交番・駐在所に対する夜間・当直体制時における随時監察を強化し、同種事案の絶無を図る。」と報告した。

 この報告に関し、古田委員は、私的管理金について質問した。

<決裁等>

 公安委員会に属する事務等について66件を決裁した。