ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

定例会議の概要

令和元年7月24日定例会

令和元年7月24日に開催された定例会議の開催内容は次のとおりです。

<岐阜県警察から報告・説明があった事項>

 林委員長は、「梅雨も明けるような知らせが入って参りました。一度に天気が良くなることは良いことですが、これから夏本番を迎えるにあたって、お体の具合を崩さないようにお気を付け下さい。」旨述べた。

1「岐阜県防犯CSRフォーラム2019」の開催について

 生活安全部長は、「岐阜県防犯CSRフォーラム2019」の開催について、同フォーラムの開催趣旨、開催日時・場所、出席者、開催内容を報告した。

 この報告に関し、林委員長は、「岐阜県防犯CSRフォーラム2019」の出席者の参加地域について質問した。

2鵜飼観覧船航路整備等業務委託をめぐる贈収賄事件被疑者の検挙について

 刑事部長は、鵜飼観覧船航路整備等業務委託をめぐる贈収賄事件被疑者の検挙について、事案概要、捜査の端緒、捜査体制などを報告した。

 この報告に関し、林委員長は、事件発覚の経緯について質問した。

3令和元年上半期の交通事故発生状況と下半期の取組について

 交通部長は、令和元年上半期の交通事故発生状況と下半期の取組について、「令和元年上半期の死者数は40人で全国ワースト13位であった。特徴は、高齢者や歩行中・自転車乗車中の死者の増加等である。下半期においては、街頭監視、交通指導取締りを強化するなど、交通事故抑止対策を推進していく。」などと報告した。

 この報告に関し、矢橋委員は、「交通事故の種別、要因などを分析し、交通死亡事故抑止に活かしていただきたい。」旨述べた。

<決裁等>

 公安委員会に属する事務等について42件を決裁した。