ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

定例会議の開催概要

令和元年5月22日定例会

令和元年5月22日に開催された定例会議の開催内容は次のとおりです。

<岐阜県警察から報告・説明があった事項>

 林委員長は、「来週、月曜日に東海三県公安委員会連絡会議に出席いたします。今年で3回目となり、一昨年が愛知県、昨年が三重県で今年は岐阜県での開催になります。他県の取り組みや活動状況について情報交換をさせていただいて、岐阜県警の活動に活かしていきたいと思っております。」旨述べた。

1令和元年度「こどもけいさつ体験シリーズ」の実施について

 総務室長は、令和元年度「こどもけいさつ体験シリーズ」の実施について、「次世代を担う子どもたちに対して、明るく開かれた警察の姿をアピールし防犯や交通安全意識を育むことを目的としている。こどもけいさつ絵画コンクールでは、県内在住、又は県内の学校に通っている小学4年生を対象とし、特選、優秀作品については、本年7月28日に開催予定の「夏休みこどもけいさつフェスティバル」で表彰式を実施するほか、特選、優秀作品を「こどもけいさつギャラリー」と題し8月6日から8月15日まで、岐阜清流文化プラザにおいて展示します。」と報告した。

 この報告に関し、矢橋委員は、「子供向けの行事は大変大切だと思いますし、本当に強い警察をイメージして、将来警察官になりたいと思うような行事にしていただけると良いと思います。」旨述べた。

2サイバー犯罪捜査による爆破予告事件の検挙について

 生活安全部長は、サイバー犯罪捜査による爆破予告事件の検挙について、「インターネット掲示板内に爆破予告を内容とする書き込みをした県内在住の男性を、威力業務妨害の被疑者として検挙した。本件は、一般に公開された利用可能な情報源から情報を収集し、その情報を捜査に役立てる捜査手法である『OSINT(オシント捜査)』を活用した。」と報告した。

 この報告に関し、古田委員は、『OSINT(オシント)捜査』の内容等について質問した。

3岐阜県警察株主総会特別警戒取締本部の設置について

 刑事部長は、岐阜県警察株主総会特別警戒取締本部の設置について、「警察本部長を取締本部長とした特別警戒取締本部を、本年6月1日から6月30日までの間設置するほか、取締現地本部を6月中に株主総会の開催を予定している企業の本社(本店)又は総会会場を管轄する11警察署に設置する。株主総会開催予定企業が25社あり、株主総会当日の会場警戒、不法事犯の検挙等を推進していく。」と報告した。

 この報告に関し、古田委員は、近年における株主総会に関する不法事案について質問した。

<決裁等>

公安委員会に属する事務等について34件を決裁した。