ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

定例会議の開催概要

令和元年5月15日定例会

令和元年5月15日に開催された定例会議の開催内容は次のとおりです。

<岐阜県警察から報告・説明があった事項>

 林委員長は、「5月8日に、航空隊の県警ヘリに搭乗し、山岳遭難救助活動の最前線となる北アルプスの険しい山々を視察させていただいた。航空隊、山岳警備隊の皆さんが大変に危険な現場で業務に従事なさっていることを上空から把握することができた。」旨述べた。

1第93回殉職警察職員並びに殉職消防職・団員慰霊祭の挙行について

 警務部長は、第93回殉職警察職員並びに殉職消防職・団員慰霊祭の挙行について、挙行日時、場所、方法、主催者、合祀者数、参列者等を報告した。

 この報告に関し、矢橋委員は、「殉職された方の慰霊を長い間、きちんと続けていただいていることはありがたいことである。」旨述べた。

2令和元年度春採用初任科生の概要及び金華山早駆け競走の実施結果について

 警務部長は、令和元年度春採用初任科生の概要及び金華山早駆け競走の実施結果について、「令和元年度の春採用の初任科生は、初任科第441期生(短期)50人、初任科第442期生(長期)55人、一般職員初任科第43期16人であったほか、初任科生の柔道・剣道有段者数は、柔道有段者14人、剣道有段者18人であった。第138回金華山早駆け競走は、本年4月19日に金華山七曲り登山道で実施し、総合優勝タイムは12分17秒の歴代3位のタイムであった。」と報告した。

 この報告に関し、矢橋委員は、「初任科の入学式に出席させていただいた。立派な警察官になっていただくように応援していきたい。」旨述べた。

3令和元年春の叙勲受章者の決定及び受章報告会の開催について

 首席監察官は、令和元年春の叙勲受章者の決定及び受章報告会の開催について、叙勲受章者の氏名、叙勲伝達式の開催日時・場所、受章報告会の日程等を報告した。

 この報告に関し、矢橋委員は、「警察官として、ご努力なさった方ということで、叙勲されることになったと思います。ぜひ多くの方に叙勲いただけるような活躍をしていただけたらと思います。」旨述べた。

4「岐阜県警察安全・安心まちづくり大使」の任命について

 生活安全部長は、「岐阜県警察安全・安心まちづくり大使」の任命について、「県内では、空き巣や自転車盗などの県民に身近な犯罪が依然として多発傾向にあり、県民一人ひとりの防犯意識を高め、地域の防犯力を向上させることが必要である。また、「岐阜県住みます芸人三ツ星ジョージ」を「岐阜県警察安全・安心まちづくり大使」に起用し、効果的な広報活動につなげていく。」と報告した。

 この報告に関し、林委員長は、「「岐阜県警察安全・安心まちづくり大使」には、防犯に関する広報、啓発活動のみならず、他部門と連携した幅広い広報活動に活躍していただけたらと思います。」旨述べた。

5令和元年度岐阜県警察嘱託警察犬の委嘱について

 刑事部長は、令和元年度岐阜県警察嘱託警察犬の委嘱について、「警察犬の委嘱は18頭、警察犬指導手の委嘱は8人である。警察犬は、被疑者の追跡等の犯罪捜査や行方不明者の捜索活動等に活用し、毎年開催している嘱託警察犬審査会における成績、過去の出動実績等を考慮して本部長が委嘱し、警察犬の訓練所を管轄する警察署において嘱託書を交付する。」と報告した。

 この報告に関し、林委員長は、「警察犬による臭気選別は、行方不明者の捜索時などに非常に重要な役割を果たすことが分かりました。また、広報する際には、警察犬の名前を挙げていただくと、県民に親近感が沸くと思いますので、よろしくお願いします。」旨述べた。

6令和元年度の主な警察通信施設整備事業等について

 情報通信部長は、令和元年度の主な警察通信施設整備事業等について、「平成30年度の主な警察通信施設整備の結果は、警察署新庁舎移転対応、警察通信基盤の整備などであった。令和元年度の主な警察通信施設整備の計画は、警察移動無線通信システムの更新、警察情報システムの更新などである。」と報告した。

 この報告に関し、古田委員は、警察施設整備の更新期間等について質問した。

<決裁等>

公安委員会に属する事務等について46件を決裁した。