ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県:岐阜県職員ガイダンス(平成29年度)

採用試験制度などの説明、先輩職員の話(約30分間)

先輩職員(男性)先輩職員(女性)

まずはじめに、人事委員会事務局の職員が岐阜県の組織や採用試験制度などについて簡単な説明を行いました。

行政・警察行政を対象とした回では、引き続いて先輩職員の話として行政職の中堅職員、若手職員各1名が、仕事などの体験談や、採用試験におけるアドバイス、参加者のみなさまへのメッセージなどをお話しました。

 

執務室及び県庁舎の見学(45分間)

議場見学県庁2階見学

 

次に、県庁舎内の見学を行いました。
参加者は10人程度のグループに分かれて、県庁舎内の各種施設や議会議事堂などを見学しました。

 

庁内見学執務室見学

 

県庁内の執務室等も見学しました。各グループ2つの課を見学いただきました。
見学先の職員から課の説明などを聞いた後、その場で質疑応答も行い、県職員の仕事についてイメージを深めていただきました。

※行政職以外の職種については、それぞれの職種の職員が関係各課を案内し、説明を行いました。

現地機関に移動して見学していただく職種(福祉、心理、司書など)もありました。

 

懇談会(60分間)

懇談会1懇談会2

 

行政・警察行政は、それぞれのグループで、職員(2名)との質疑応答を中心とした懇談会を行いました。

多くの質問をいただき、参加者のみなさんはメモをとりながら熱心に話を聞いていました。

 

懇談会では、事前に受け付けていた主な質問にお答えしたほか、参加者から自由に質問をしていただき、それにお答えするという形で進めました。
直接職員に質問し、お答えすることで、疑問や不安などを解消するとともに、県職員の仕事の魅力などをお伝えしました。

少人数のグループで行うため、「聞きたいことがしっかり聞けた」「丁寧に質問に答えてもらえた」といった声を多くいただきました。

 

リラックスした雰囲気で参加いただくことができ、参加者のみなさんから多くの質問をいただきました。

 

個別相談会(30分)

個別相談会

 

最後に、希望者に対して個別相談会を実施しました。
今年度の新規採用職員が対応するブースを4つ設置し、多くの方に参加いただきました。

1人づつ対応するため、「周りに他の方がいると聞きづらいことや、採用試験の勉強方法、面接試験の内容などを聞くことができた」

といった声もいただきました。

ガイダンス参加者の声(参加者アンケートより抜粋)

・実際働いている様子を伺うことができ、貴重な体験となりました。

・人事課の方が直接質問に答えて下さり、ためになった。

・幅広い年代の方たちと話をする機会があり、明確なイメージを持てる良いきっかけになった。

・職場の雰囲気が見れて良かった。最後のグループワークは話がしやすくよかった。

・実際に働いている職員の話を聞くことで県庁の業務について明確なイメージをもてた。