ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年度岐阜県職員ガイダンス実施記録

採用試験制度などの説明、先輩職員の話(約30分間)

先輩職員の話1先輩職員の話2

まず人事委員会事務局の職員が岐阜県の採用試験制度などについて簡単な説明をしました。

その後、行政・警察行政を対象とした回では「先輩職員の話」ということで、

行政で活躍する県職員から皆様へメッセージをお伝えしました。

今回は、転職して県職員になった若手職員と、様々な仕事を経験してきた女性職員のお2人。

県職員を目指した理由、仕事の内容や職場の雰囲気、家庭と仕事の両立など、

それぞれの立場から経験したことをお話しました。

 

 

執務室及び県庁舎の見学(45分間)

次に、県庁舎内の見学を行いました。
参加者は10人程度のグループに分かれて、県庁舎内の各種施設や議会議事堂、執務室(2課)の見学を行いました。

 

執務室見学1執務室見学

県庁内の執務室に入る機会がある方は、そんなに多くないのではないでしょうか。

執務室の見学では、見学先の職員から課や各係の説明、関連事業などの説明を聞いた後、その場で質疑応答も行いました。

参加者の皆様には、働いている職員の様子や説明を通して、県職員の仕事についてのイメージを深めていただきました。

 

※行政職以外の職種については、それぞれの職種の職員が関係各課を案内し、説明を行いました。

現地機関に移動して見学していただく職種(福祉、心理、司書など)もありました。

 

職員とのフリートーク(60分間)

技術職フリートーク2

 

行政・警察行政では、それぞれのグループに分かれて、職員(2名)とフリートーク!

参加者のみなさんはメモをとりながら熱心に話を聞いていました。

事前に受け付けていた主な質問にお答えしたほか、参加者から自由に質問をしていただき、それにお答えするという形で進めました。

 

フリートークは、少人数のグループで行うため、たくさん話を聞くことができますし、リアルな職員の声を聞くことができます。

参加者の皆様からも「質問がしやすい雰囲気でした。」「思いきったことも質問できました。」といった声をいただきました。

 

個別相談会(30分)

新採職員1新採2

最後の個別相談会では、希望者に対して今年度の新規採用職員6名が、1対1で個別に相談に対応しました。

「他の人がいると少し聞きにくい…。」と感じていることや、就職試験対策についてなど、

さまざまな相談に対応しました。

 

 

ガイダンス参加者の声(参加者アンケートより抜粋)

・知らないことだらけだったので、視野がとても広がりました。

・堅いイメージがありましたが、楽しそうな企画があったり、わくわくしました。

・聞きたかったことが聞けました。

・実際に働いている方と話したことで安心感が生まれて、試験を頑張ろうと思えました。

・県庁内を見学することで、話を聞いているだけではなかなか感じられない「実際の職場の雰囲気」を感じることができました。

・少人数で話すことができて良かったです。

・フリートークの雰囲気が良く、短い時間でたくさんのことを知ることができました。

・合同説明会で説明を聞いたときよりも、より職員の方と近く話を聞くことができました。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!