ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和元年第3回岐阜県議会定例会概要

 

 定例会初日(6月11日)、知事から提出された議案は、豚コレラの感染が確認された農場の防疫対策や、野生イノシシの捕獲対策の強化、乗鞍岳登山口の周知看板等の設置、小規模事業者が取り組む生産性向上、販路開拓への助成規模の拡大、市町村が行う森林整備等の支援をするための基金創設などを内容とする、8億円余の増額を求める一般会計補正予算案のほか、条例関係10件、その他の案件12件でした。また、議員から「岐阜県民の歯・口腔の健康づくり条例の一部を改正する条例」1件が提出されました。

 

 6月19日、20日及び21日に、一般質問・質疑が行われ、県政全般にわたり知事や関係部局長の考えを質しました。

質問に立った議員は次の皆さんです。

 

【6月19日】

村下貴夫(むらしたたかお、自民)、伊藤正博(いとうまさひろ、県民)

 

【6月20日】

澄川寿之(すみかわひさゆき、公明)、伊藤秀光(いとうひでみつ、自民)、長屋光征(ながやこうせい、自民)、松岡正人(まつおかまさと、自民)、野村美穂(のむらみほ、県民)、山本勝敏(やまもとかつとし、自民)

 

【6月21日】

広瀬修(ひろせおさむ、自民)、水野吉近(みずのよしちか、公明)、中川裕子(なかがわゆうこ、共産)、国枝慎太郎(くにえだしんたろう、自民)、高木貴行(たかぎたかゆき、県民)、佐藤武彦(さとうたけひこ、自民)

 

 定例会最終日(6月27日)には、令和元年度一般会計補正予算案など初日に上程された議案がすべて原案どおり可決されたほか、知事から追加提出された人事案件1件が同意されました。

 また、同日に議員から提出された「ゲノム編集食品に関する適切な制度の構築を求める意見書」など意見書3件が、いずれも原案どおり可決されました。

 請願については、「国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求める請願書」など2件が不採択となりました。