ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「岐阜県手話言語の普及及び障害のある人の意思疎通手段の利用の促進に関する条例(案)」に対する県民意見募集(パブリック・コメント)

 本県では、平成28年4月の障害者差別解消法の施行にあわせ、議員提案により、「岐阜県障害のある人もない人も共に生きる清流の国づくり条例」を制定し、その中で手話を言語として位置付けました。

 県議会では、この条例の理念を具現化するため、手話が言語として認められた歴史的背景を踏まえた手話に対する県民の理解促進と地域社会全体における普及促進を図るとともに、障害のある人すべてが、それぞれの障害特性に応じた手段により意思疎通を図ることができるよう、その手段の普及、利用環境の整備、県民の理解促進を図るために必要な取組みを総合的かつ計画的に推進するため、議員提案による条例の制定に向けた検討を進めてきたところです。

 このたび、条例案がまとまりましたので、県民の皆様からのご意見を募集いたします。

1意見の募集対象

 「岐阜県手話言語の普及及び障害のある人の意思疎通手段の利用の促進に関する条例(案)」(PDF:224KB)

(参考資料)

 「岐阜県障害のある人もない人も共に生きる清流の国づくり条例改正新旧対照表」(PDF:97KB)

 

2意見の募集期間

 平成29年12月26日(火)から平成30年1月25日(木)まで

 ※郵送の場合は1月25日消印有効、FAX・電子メールの場合は1月25日必着

3条例(案)の閲覧方法

(1)インターネット(当ホームページ)

(2)印刷物

 ・県庁(2階県民ホール内インフォメーションコーナー)

 ・岐阜県議会東棟(2階議会事務局議事調査課)

 ・各県事務所(西濃、揖斐、中濃、可茂、東濃西部、恵那、飛騨の各総合庁舎)

 ※閲覧時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日、年末年始(12/29〜1/3)を除く)

 

 

4意見の提出方法

 「意見提出用紙」に、住所、氏名(団体、企業等の方はその名称及び担当者名)、連絡先を明記し、郵送、FAX、電子メールのいずれかの方法で、「岐阜県議会事務局議事調査課」へ提出してください。

 

 意見提出用紙【Word版:(35KB)PDF版:(101KB)

 岐阜県議会事務局議事調査課政策法務係行

 ・郵送:〒500−8570(専用郵便番号のため住所の記載は不要)

 ・FAX:058−278−2802

 ・電子メール:mailto:c12160@pref.gifu.lg.jp

 

 【留意事項】

 ・メールの場合は件名を「岐阜県手話言語の普及及び障害のある人の意思疎通手段の利用の促進に関する条例(案)に対する意見」としてください

 (郵送の場合は封筒に記入してください)。

 ・「意見提出用紙」は、閲覧場所においても入手できます。

 ・連絡先は、提出いただいたご意見の内容に不明な点があった場合等の確認のため使用します。

 ・電話又は口頭によるご意見の提出は、ご遠慮ください。また、ご意見に対する個別の回答はいたしかねますので、ご了承ください。

 ・ご意見は日本語で記載してください。

 ・いただきましたご意見は、住所、氏名、連絡先を除き、公表させていただく場合がありますのでご了承ください。

 ・個人情報については、岐阜県個人情報保護条例に基づき適正に管理します。

5問い合わせ先

 岐阜県議会事務局議事調査課政策法務係

 受付時間:午前8時30分から午後5時15分(土日祝日、年末年始(12/29〜1/3)を除く)

 電話番号:058−272−8719(直通)