ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

議員提案による「岐阜県がん対策推進条例」が制定されました。

 当県では昭和57年以来、がんが病気による死亡の最大の原因となっています。このため、がんの予防、早期発見、医療の充実など、がん対策の着実な実施に向けて、議員提案による「岐阜県がん対策推進条例」が平成22年第3回県議会定例会で可決され、平成22年9月1日に施行されました。

 平成28年度には、議員提案条例検証特別委員会による検証結果において、平成28年12月のがん対策基本法の改正動向やがんに関する最新の情報を踏まえて、条例の見直しを検討すべきこととされたことから、議員提案による「改正岐阜県がん対策推進条例」が平成30年第1回県議会定例会で可決され、平成30年4月1日より施行されることとなりました。

 

 

 岐阜県がん対策推進条例改正についてはこちらをご覧ください。(PDF:204KB)

 

 なお、条例改正にあたって、平成29年12月26日(火曜日)から平成30年1月25日(木曜日)までの間、「岐阜県がん対策推進条例の一部改正(案)」に対する意見募集を実施し、県民の皆様から貴重なご意見をお寄せいただきました。

 いただいたご意見の概要及びご意見に対する考え方については、こちら(PDF:170KB)をご覧ください。