ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「華めく洋食器大倉陶園100年の歴史と文化」展関連催し物について

 岐阜県現代陶芸美術館では、日本を代表する洋食器メーカー「大倉陶園」の歴史を、その草創期から現在までの多彩な作品を通じて紹介する展覧会「華めく洋食器大倉陶園100年の歴史と文化」展を開催しています。

 このたび、関連催事として、講演会「富士屋ホテルと大倉陶園」、及び「大倉陶園のうつわで楽しむティータイム」を下記のとおり行いますのでお知らせします。

 

 

イベント概要

催し物1 講演会「富士屋ホテルと大倉陶園」

開催日時

令和元年9月15日(日)14時から15時30分

会場 岐阜県現代陶芸美術館プロジェクトルーム
内容 富士屋ホテル総料理長の北村雅之氏をお迎えし、同ホテルの歴史や料理、同ホテルで使用されてきた大倉陶園の洋食器の魅力などについてお話いただきます。
参加費 無料(要事前申込・受付中)
催し物2 喫茶+解説「大倉陶園のうつわで楽しむティータイム」
開催日時

令和元年11月2日(土)

11時から12時/14時から15時

定員 各回20名
会場 セラミックパークMINOレストラン
内容 大倉陶園の吉井加奈美氏をお迎えし、同園の伝統技法や食器の楽しみ方について解説いただきます。また、大倉陶園のカップ&ソーサ―で紅茶をお楽しみいただきます。
参加費 500円(要事前申込)
受付 9月7日(土)より開始

 

報道発表資料

発表資料

報道発表資料(PDF:393KB)

      問い合わせ先

      所属 岐阜県現代陶芸美術館
      電話 0572-28-3100
      FAX 0572-28-3101
      メールアドレス c21802@pref.gifu.lg.jp