ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

博物館マイミュージアムギャラリー展示「関藩主大嶋雲八と現代甲冑展」

 大嶋雲八(おおしまうんぱち/1508-1604)は、射芸に優れ、信長、秀吉、家康の三英傑に仕えました。そして、93歳にして参戦した関ヶ原の戦いの武功により1万3千石に増領され、初代関藩藩主となりました。

 

 関市甲冑製作同好会は、甲冑師の指導を受けて戦国時代に使用された実践向きの甲冑を、できる限り忠実に再現し製作している団体です。今回の展示では、同会員が製作した甲冑約25点を展示し、その製作工程を紹介します。あわせて、製作した甲冑の時代に活躍した関の戦国武将、大嶋雲八に関連した資料も展示します。

 

イベント概要

開催期間 令和元年11月2日(土)から12月22日(日)
開催時間

午前9時30分から午後4時30分

(入館は午後4時までに)

開催場所 名称 岐阜県博物館 マイミュージアムギャラリー
所在地

関市小屋名1989(岐阜県百年公園内)

電話番号 0575ー28ー3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
入館料

無料(ただし、本館への入館には、入館料が必要です)

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:417KB)

      問い合わせ先

      所属 岐阜県博物館
      電話 直通:0575―28―3111
      内線:306
      FAX 0575―28―3110
      メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp