ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

県博物館移動展「ヒアリがやってくる―外来生物とはなにものか―」

 岐阜県博物館では、県内の博物館施設と連携して移動展を実施しており、令和元年度は、高山市の飛騨高山まちの博物館において開催します。

 

 岐阜県は、地域によって気候や地形に大きな差があり、飛騨山脈に生息するライチョウや濃尾平野に特有な淡水魚など、多様な生物が見られます。その一方で、アライグマなどの外来生物がふるさとの生物多様性に大きな影響を与えています。また、近年、有毒なアカカミアリやセアカゴケグモの侵入が報道されるなど、外来生物への関心が高まっています。

 

 今回の移動展では、当館が所蔵する外来生物の剥製等を中心に標本資料を展示することで、岐阜県で見られる外来種の現状を知り、ふるさとの豊かな自然が抱える問題を考えます。

 

イベント概要

開催期間 令和元年6月29日(土)から8月25(日)
開催時間 午前9時から午後7時まで
休館日 なし
開催場所 名称 飛騨高山まちの博物館2階 特別展示室
所在地

高山市上一之町75番地

電話番号 0577ー32ー1205
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
入館料 無料

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:320KB)

 

      問い合わせ先

      所属 岐阜県博物館
      電話 直通:0575―28―3111
      内線:304
      FAX 0575―28―3110
      メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp