ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

県博物館 企画展「化石が語る繁栄と絶滅 ―瑞浪層群の哺乳類化石―」

 岐阜県博物館では、企画展「化石が語る繁栄と絶滅―瑞浪層群の哺乳類化石―」を開催します。

 

 岐阜県には、5億年以上前の古生代から現在も作られている新生代の地層群や岩石類が広がっています。なかでも岐阜県の瑞浪・可児・岩村盆地には、新生代の前期から中期中新世(約2,000万年から1,500万年前まで)の陸・海成の地層である瑞浪層群が広く分布し、様々な化石が産出します。

 

 本企画展では、瑞浪層群から産出する新生代の哺乳類化石をテーマに、当館所蔵の標本に加え、瑞浪市化石博物館が所蔵する標本約50点を含め、貴重な資料群を一堂に集め、岐阜県の新生代の自然の姿を紹介します。

 

イベント概要

開催期間

平成30年11月23日(金・祝)から

平成31年1月27日(日)まで

開催時間

午前9時30分から午後4時30分

ただし、入館は午後4時まで

開催場所 名称 岐阜県博物館 本館4階 企画展示室
所在地

関市小屋名1989(岐阜県百年公園内)

電話番号 0575ー28ー3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
入館料 一般330円、大学生110円、高校生以下無料

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:295KB)

 

      問い合わせ先

      所属 岐阜県博物館
      電話 直通:0575―28―3111
      内線:304
      FAX 0575―28―3110
      メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp