ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

県博物館 講演会「絶滅哺乳類ヒラマキウマ ー1800万年前の姿に迫るー」

 岐阜県博物館では、著名な研究者を招聘して行う特別講演会として、日本の陸生哺乳類化石研究を専門とする福井県立大学 恐竜学研究所准教授の宮田和周氏による講演会「絶滅哺乳類ヒラマキウマ ー1800年前の姿に迫るー」を開催します。

 

 岐阜県の瑞浪・可児・岩村盆地を中心に広く分布する瑞浪層群からは、ゾウの仲間であるゴンフォテリウムや絶滅哺乳類のデスモスチルス、海に棲むクジラや魚類など多岐にわたる動物化石が産出することが知られています。

 

 なかでも、可児市から見つかった化石のヒラマキウマは、新第三紀中新世(約1800万年前)に生息していた陸生・四足歩行・植物食性の哺乳類で、2017年3月に下顎骨の実物化石が岐阜県博物館に寄贈され、現在同館で研究が進められています。

 

 本講演会では、指が3本あるなど原始的な特徴を持つヒラマキウマの姿について解説していただきます。

 

イベント概要

開催期間 平成30年12月16日(日)
開催時間 午後1時30分から午後3時
開催場所 名称 岐阜県博物館けんぱくホール
所在地 関市小屋名1989
電話番号 0575―28―3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
参加料

無料

※ただし、博物館本館の展示を観覧される場合には、所定の入館料(一般330円、大学生110円、高校生以下無料)が必要です。

定員 120名
申込方法

1.岐阜県博物館ホームページ

 申込みフォームからお申込みください。

2.電話(0575―28―3111)

 電話にて受講希望の講座名、連絡先(電話番号)、参加申込者全員の氏名をお伝えください。

 ※休館日以外の午前8時30分から午後5時15分

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:245KB)

 

      問い合わせ先

      所属 岐阜県博物館
      電話 直通:0575―28―3111
      内線:306
      FAX 0575―28―3110
      メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp