ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

タイトル

 岐阜県博物館では特別企画展「兼定刀都・関の名工」を開催しています。

 

 連日、県内外から多くの方が来館され、大変好評をいただいている本展覧会は、開催4週間で来場者数が7,000人を超え、6月初めには1万人に到達する見込みです。これは、昨年度開催した企画展や特別展の1万人達成よりも、一段と速いペースです。今回、1万人達成を記念し、1万人目に来館された方には、会場にて博物館から記念品を贈呈するセレモニーを開催いたします。

 

 なお、6月2日(土)から最終日までは、新選組「鬼の副長」土方歳三の愛刀の「和泉守兼定」も特別展示されます。全国区で注目を集めている本展覧会を、是非ともお見逃しないように、皆様のご来場をお待ちしております。

 

イベント概要

イベント名 特別企画展「兼定 刀都・関の名工」
開催日 平成30年6月2日(土)から6月8日(金)の間
開催時間

13時頃から来場者1万人達成の該当者決定(見込み)

14時頃からセレモニー(記念品授与など)

場所 本館4階特別展示室前
開催場所 名称 岐阜県博物館
所在地

岐阜県関市小屋名1989(岐阜県百年公園内)

電話番号 0575ー28ー3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
備考

本館への入館には、入館料が必要です。

入館料:一般600円、大学生300円、高校生以下無料

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:274KB)

 

      問い合わせ先

      所属 岐阜県博物館
      電話 直通:0575―28―3111
      内線:301
      FAX 0575―28―3110
      メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp