ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ギャラリートーク「兼定後代の名工、会津十一代兼定の作風について」

岐阜県博物館では、開催中の特別企画展「兼定刀都・関の名工」(会期:4月27日から6月24日まで)の関連イベントとして、出品作にちなんだ講演会を実施します。

歴代の兼定銘の中でも有名な会津十一代・和泉守兼定について、日本一のコレクターである外山登(とやまのぼる)氏がその作風を詳しく語ります。

 

イベント概要

開催期間 平成30年6月10日(日)
開催時間

(1回目)午前11時から午前11時30分まで

(2回目)午後1時30分から午後2時まで

開催場所 名称 岐阜県博物館本館4階特別展示室
所在地 関市小屋名1989(岐阜県百年公園内)
電話番号 0575―28―3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ(外部サイト)
参加料 入館料(一般330円、大学生110円、高校生以下無料)が必要です
定員 なし(展示室の混雑緩和のため入場制限をする場合があります)
事前申込

不要(当日、開始時刻までに、会場にお集まりください)

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:309KB)

 

      問い合わせ先

      所属 岐阜県博物館
      電話 直通:0575―28―3111
      内線:302
      FAX 0575―28―3110
      メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp