ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

深層学習を使った画像分類システムの利用を開始しました

県情報技術研究所では、県内企業への人工知能(AI)技術の普及を目指して、AI技術の一つである深層学習を簡単な操作で試すことができる画像分類システムを構築し、このシステムを使った技術支援を開始しました。

 

システムの利用について

 本システムの利用にあたっては、面倒なプログラミングは一切必要ありません。

 サーバに画像ファイルを種類ごとに保存し、学習ボタンをクリックすることにより、TensorFlow(Google社が開発した人工知能・機械学習向けライブラリで、オープンソースで公開されている)を利用した深層学習プログラムによる画像分類を、簡単に試すことができます。

利用時間 平日9時から17時(土日祝日は利用できません)
利用場所 情報技術研究所内(各務原市テクノプラザ1丁目21番地)
利用料金 当分の間、無料とします。
利用対象者 県内に事業所を有する企業の技術者
利用条件

試したい画像データをUSBメモリ等の記録媒体に入れて

お持ちください。所定の手続きの上、当研究所で用意した

専用パソコンから利用できます。

※パソコンの持ち込みはできません。

 

※利用にあたっては事前にお問い合わせください。

 

発表資料 報道発表資料(PDF:175KB)

 

    問い合わせ先

    所属 情報技術研究所
    電話

    直通:058-379-3300

    FAX 058-379-3301
    メール info@imit.rd.pref.gifu.jp