ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

第1回森林獣害対策担い手育成プロジェクト研修会の開催について

岐阜県が事務局を務める「岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアム」では、森林資源を将来にわたって循環利用していくため、人工林の保育技術の合理化と効率化を図るとともに、技術者の育成を図ることを目的に活動を行っています。

近年、ニホンジカの生息数の増加や生息区域の拡大から、苗木を植栽しても食べられてしまう被害が後を絶たないことや、これまで捕獲を担ってきた狩猟者の減少と高齢化が進むことで、ニホンジカを捕獲する担い手の育成が喫緊の課題となっています。

そこで、林業従事者自らが捕獲に必要な知識と技術を習得することを目的とした森林獣害対策担い手育成プロジェクト研修会を県内で初めて開催します。

 

発表資料 報道発表資料(PDF:816KB)
備考 岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアム(外部サイト)

 

 

    問い合わせ先

    所属

    岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアム事務局

    (岐阜県立森林文化アカデミー森林技術開発・支援センター

     産学官連携係)

    電話

    直通:0575-35-2535

    FAX 0575-35-2529

    メール

    gifu.shinrin.consortium@gmail.com