ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

倒木の恐れがある危険木処理効率化の取組み・トラック搭載式フェリンググラップル導入見学(国内初)を実施します

県が事務局を務める岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアムでは、産学官連携による新たな技術開発や普及啓発などに取り組んでいます。

このたび、木質バイオマスエネルギー利用ワーキンググループの取り組みの一環として、倒木の恐れがある危険木処理に有効な機械「トラック搭載式フェリンググラップル(GMT035)」の国内初となる導入見学会を岐阜県立森林文化アカデミー敷地内にて実施ます。

 

発表資料 報道発表資料(PDF:768KB)
添付資料 フェリンググラップルのパンフレット(PDF:635KB)
関連リンク 岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアム(外部サイト)
備考

    問い合わせ先

    所属

    岐阜県立森林文化アカデミー

    森林技術開発・支援センター産学官連携係

    (岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアム事務局)

    電話

    0575-35-2535

    FAX 0575-35-2529

    メール

    gifu.shinrin.consortium@gmail.com