ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜おおがきビエンナーレ2019「メディア技術がもたらす公共圏」を開催します

 

情報科学芸術大学院大学(通称IAMAS(イアマス))では、先端技術と芸術的創造を理念とした教育課程を通じて、新たな産業や文化を創造する表現者を育成しています。

このたび、大垣市と共同して、2年に1度のイベント「岐阜おおがきビエンナーレ2019」を開催します。

今回は、「メディア技術がもたらす公共圏」と題し、情報化社会におけるデザイン、建築、アートをめぐる制作環境の変化をテーマに、シンポジウムと関連展示を行います。

多くの方のご来場をお待ちしています。

 

 

イベント概要

開催期間 令和元年12月5日(木)から令和元年12月8日(日)まで
開催時間 11時から19時まで(6、7日は20時まで)
開催場所 名称 情報科学芸術大学院大学(ソフトピアジャパン・センタービル)
所在地 大垣市加賀野4丁目1番地7
電話番号 0584-75-6600
参加料 無料
主催 情報科学芸術大学院大学、大垣市
添付資料 チラシ(PDF:673KB)
関連リンク https://www.iamas.ac.jp(外部サイト)

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:438KB)

 

      問い合わせ先

      所属 情報科学芸術大学院大学事務局教務課
      電話 0584-75-6600
      FAX 0584-75-6637
      メールアドレス c21905@pref.gifu.lg.jp