ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

砂防指定地台帳システムの登録不備について

 県が調製・保管する台帳のデータを登録している砂防指定地台帳システムにおいて、下記のとおり、不備があることが判明しましたのでお知らせします。

 今後、早急にデータを整理し登録するとともに、固定資産税の減価補正対象となる土地の調査など、関係市と対応を進めるとともに、再発防止に努めてまいります。

 

 

1.不備の内容

〇高山市、飛騨市内の18渓流(約2,700筆、約1,800ha)分の砂防指定地台帳システムへのデータ(区域図、地番図、土地調書)登録漏れ

 【原因】

・紙台帳1冊分のデータが未登録

 

2.不備による影響

○両市において、固定資産税の減額補正がされていない土地がある可能性がある

期間:平成21年度から29年度

○一般公開中の県データベース(GIS)に砂防指定地のデータが欠落

 

3.今後の対応

○台帳システムに追加登録するデータの整備

○両市が固定資産税の減額を適切に実施できるよう、上記データを基に減価補正に必要な資料を作成し両市に提供

発表資料 報道発表資料(PDF:129KB)
添付資料 位置図(PDF:594KB)
関連リンク 砂防指定地等の区域図

    問い合わせ先

    所属

    砂防課企画係

    電話

    直通:058-272-8621
    内線:3742

    FAX 058-278-2755
    メール c11653@pref.gifu.lg.jp