ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

全国初!中小河川の水害リスクを「見える化」!

―地域に潜むリスク(場所)と洪水時のリスクの高まり(タイミング)を示すのが全国初―

 

 平成30年7月豪雨を受け、中小河川における水害時の避難対策を強化するため、潜在的な水害リスクの高い区域を示した水害危険情報図を公表します。既公表の洪水浸水想定区域図とあわせ、県管理の全河川で水害による避難の必要性の高い区域が明らかになります。

 また、県管理河川に危機管理型水位計の整備を進め、避難判断の参考となる水位を設定しています。

 今後とも市町村と連携して、円滑な避難に繋がるよう取り組んでいきます。

 

1地域に潜むリスク(場所)

 ・概要:想定最大規模等の降雨を対象にした浸水想定区域と浸水深を水害危険情報図等で県内全ての一級河川で公表。

 

2洪水時のリスクの高まり(タイミング)

 ・概要:県管理河川に設置を進めている危機管理型水位計等に、避難判断の参考となる目安の水位を設定しています。

 

発表資料 報道発表資料(水害危険情報図の公表)(PDF:1.14MB)

 

    問い合わせ先

    所属 河川課企画環境係
    電話

    直通:058-272-8585
    内線:3726

    FAX 058-278-2753

    メール

    c11652@pref.gifu.lg.jp