ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年7月豪雨を振り返り、水防団と意見交換会を開催!

 平成30年7月豪雨では、これまでの河川整備が効果を発揮し、大水害を防いだ河川があった一方、洪水を防ぎきれなかった河川もありました。

 今後、同様の大規模洪水に備えるためには、治水施設の整備・管理をより一層強化するとともに、水防活動を的確に実施することが重要です。

 今般、平成30年7月豪雨における水防活動を振り返り、水防団の代表者から水防活動の現場の状況等について伺う意見交換会を、下記のとおり実施しますので、お知らせします。

 

1日時

 平成31年3月1日(金)15:30から17:15

 

2場所

 県庁7階7北ー1会議室

 

3参加者

 ・県内の専任水防団等(岐阜市・羽島市・木曽川右岸地帯水防事務組合)

 ・国土交通省(中部地方整備局木曽川上流河川事務所)

 ・岐阜県(県土整備部河川課)約20名

 

4意見交換内容

 平成30年7月豪雨における水防活動の振り返り

 ※上記意見交換終了後は非公開となりますのでご退席いただきます。

 

発表資料 報道発表資料(PDF:155KB)

 

    問い合わせ先

    所属 河川課水政係
    電話

    直通:058-272-8603
    内線:3731

    FAX 058-278-2753

    メール

    c11652@pref.gifu.lg.jp