ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年度「命と生活を守る新国土づくり研究会」(12県知事会)を開催します

 本研究会は,洪水,土砂災害等から人命・財産を守り,安全で安心して暮らせる国土をつくること等を目的として,平成6年9月に発足しました。

 現在,全国12県の知事により構成し,今までに21回の会議を開催してまいりました。

 本年度は下記により,第22回目の研究会を開催します。

 

 

1日時

 平成30年11月6日(火)13:00から14:00

2場所

 都市センターホテル3階「コスモスホール」

 東京都千代田区平河町2-4-1

3出席者

 <関係県知事等>

 三反園鹿児島県知事(会長),山崎富山県副知事,

 田邉広島県副知事,海野徳島県副知事,平田長崎県副知事

 <国土交通省>

 大塚国土交通副大臣,工藤国土交通大臣政務官,塚原水管理・国土保全局長ほか

4研究会の主な内容

 ○今年度の研究会のテーマは,

 「防災意識社会の早期実現」-頻発化・激甚化する大規模自然災害から県民を守るために-である。

 ○本研究会からの提言書を鹿児島県知事から,国土交通副大臣等に手交する予定である。

 ○その後,大規模自然災害から県民の命を守るための備え等について,意見交換を行う。

5構成県

 岩手県,宮城県,埼玉県,富山県,福井県,岐阜県

 兵庫県,島根県,広島県,徳島県,長崎県,鹿児島県

 

発表資料 報道発表資料(PDF:79KB)

    問い合わせ先

    所属 河川課企画環境係
    電話

    直通:058-272-8585
    内線:3726

    メール

    c11652@pref.gifu.lg.jp