ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

伐採旗設置制度を創設します~中部地方で初導入~

県では、「第3期岐阜県森林づくり基本計画」に基づき、将来にわたり森林資源を循環利用していくため、「木材生産林(※1)」の伐採と、伐採跡地における再造林を推進しています。

そのため、一定範囲の樹木をまとめて伐採する「皆伐(※2)」の面積増加に向けた全県的な取り組みを進めていますが、これに伴う皆伐件数の増加が、一方で違法伐採の増加につながる恐れがあることから、違法伐採の防止を図るため、伐採旗設置制度を創設します。

本制度は、合法な伐採を行う森林の目印として伐採旗を設置することにより、合法伐採箇所の判別を容易にし、違法伐採の監視を強化するものです。

※1:木材生産林:主たる目的が木材の生産で、主伐と更新により持続的な林業経営を行う森林

※2:皆伐:一定範囲の樹木を一時に全部又は大部分を伐採すること

 

発表資料

報道発表資料(PDF:454KB)

 

 

問い合わせ先

    所属 林政課森林計画係
    電話

    直通:058-272-8471
    内線:3024

    FAX 058-278-2702

    メール

    c11511@pref.gifu.lg.jp