ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

宇宙工学講座の開講式を開催します

県と各務原市は、平成30年3月24日にリニューアルオープンした、国内唯一の航空と宇宙の専門博物館「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」(愛称「空宙博(そらはく)」)を活用して、将来の航空宇宙産業の担い手確保に繋げる取り組みを行っています。

このたび、岐阜大学(地域協学センター)と連携し実施する、高校大学連携事業「宇宙工学講座」を開講するにあたり、開講式を空宙博で開催します。

本講座は今年が3年目となり、受講生は岐阜大学地域協学センターのCOC+プログラムのテレビ会議システムを利用した各高校での講義受講のほか、(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)等の見学を通じて、最先端の宇宙工学を学びます。

 

開講式等概要

開催日時 平成30年6月2日(土)13時00分から14時50分
開催場所

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館シアタールーム

(住所:岐阜県各務原市下切町5-1、電話番号:058-386-8500)

内容

1.開講式

2.特別講演

 講師:国立天文台チリ観測所長阪本成一(さかもとせいいち)

 テーマ:宇宙への挑戦

出席者

・受講生42名(県内高等学校及び高等専門学校3年までの生徒)

・岐阜大学学長森脇久隆(もりわきひさたか)

・岐阜工業高等専門学校校長伊藤義人(いとうよしと)ほか

 

報道発表資料

発表資料

報道発表資料(PDF:293KB)

 

      問い合わせ先

      所属 航空宇宙産業課企画連携係
      電話 直通:058-272-8836
      内線:2939
      FAX 058-278-2653
      メールアドレス c11354@pref.gifu.lg.jp