ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「缶サット甲子園2019岐阜地方大会」を開催します!

 

 岐阜大学では、高校生が自作の缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)を打ち上げ、上空で放出し、地上へ降下・着地させる技術を競う、「缶サット甲子園」の岐阜地方大会を開催します。

 これは、将来の宇宙・航空産業分野で活躍する人材を育成する「宇宙工学講座」の一環として実施するもので、当日は岐阜・愛知・長野県内の高校から9チームが参加し、各自の缶サットによる独特のミッションを競います。優勝チームは今年10月に岐阜県で開催予定の全国大会に出場します。

 

 

イベント概要

開催日 令和元年7月20日(土)〔予備日:7月21日(日)〕
開催時間 8時30分から16時00分まで
開催場所 名称

岐阜大学全学共通教育講義棟105講義室

※ただし打ち上げについては、岐阜大学陸上競技場で実施

所在地 岐阜県岐阜市柳戸1-1
参加者

県内外の高校および工業高等専門学校

9校(9チーム)35名

※詳しくは下記報道発表資料をご覧ください。

主催 岐阜大学
共催

岐阜県、各務原市、岐阜県教育委員会、

(公財)岐阜かかみがはら航空宇宙博物館、

国立岐阜工業高等専門学校、

岐阜県高等学校教育研究会工業部会電気・通信系分科会

関連リンク 外部サイト(缶サット甲子園ホームページ)

※詳しくは下記報道発表資料をご覧ください。

 

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:280KB)

      問い合わせ先

      所属 航空宇宙産業課産業振興係
      電話 直通:058-272-8836
      内線:2937
      FAX 058-278-2653
      メールアドレス c11354@pref.gifu.lg.jp