ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

空宙博特別企画展「飛燕と土井武夫」展を開催

 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称「空宙博(そらはく)」)では、2月9日(土)から3月11日(月)まで、空宙博で最も人気のある展示物「飛燕」(ひえん)と、その設計者「土井武夫」(どいたけお)氏の生涯を紹介する特別企画展「飛燕と土井武夫」展を開催します。

 これにあわせて、普段観覧できない飛燕の操縦席をキャノピー(操縦席を覆う透明の円蓋)越しに見ることができる特別公開や、専門家による講演会、子ども達を対象とした「飛燕のぬりえチャレンジ!」も行いますので、この機会にぜひご参加ください。

 ※いずれも参加費は無料ですが、通常の入館料金が必要です。

 

イベント概要

1「飛燕」と「土井武夫」氏の生涯を紹介するパネル展

 三式戦闘機「飛燕」とその設計者である土井武夫氏を紹介するパネルや資料を展示します。「飛燕」誕生当時の写真や図面、土井武夫氏ゆかりの資料とともに、普段展示していない「飛燕」の部品(プロペラ先端部の「スピナー」など)を公開します。

期間 平成31年2月9日(土)から平成31年3月11日(月)
開催場所 名称 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館1階A3実機展示場
所在地 岐阜県各務原市下切町5-1
電話番号 058-386-8500
ホームページ 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(外部サイト)

2「飛燕」操縦席の特別公開

 キャノピー越しに、普段は見ることができない展示機「飛燕」の操縦席を観覧できます。

開催日 平成31年2月9日(土)から平成31年2月11日(月・祝)
開催時間 11:30から12:30、15:00から16:00
開催場所 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館1階A2飛燕展示場
定員 各回20名(当日、A2ゾーン「飛燕」前において、先着順で整理券を配付します。)

3特別講演会

 A.「航空機設計技師土井武夫ものがたり」、B.「文化財としての『飛燕』」

開催日時

A.平成31年3月2日(土)13:30から15:30

B.平成31年3月9日(土)13:30から15:00

開催場所 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館1階シアタールーム
講師

A.川崎重工業(株)元岐阜工場長榊達朗(さかきたつろう)氏

B.(一財)日本航空協会苅田重賀(かんだしげよし)氏

定員 各回130名(先着順)
申込方法

氏名、電話番号、FAX番号を記載の上、EメールまたはFAXによりお申込みください。

※件名には「3月2日講演会の申込」または「3月9日講演会の申込」と記載ください。
(申込先)Eメール:sorahaku@sorahaku.net

FAX:058-386-9912

申込期限

A.平成31年3月1日(金)17:00(必着)

B.平成31年3月8日(金)17:00(必着)

4飛燕ぬりえチャレンジ!

 お子様のために「飛燕」のぬりえを用意しました。世界に一つだけのオリジナルのデザイン(色)に仕上げてください。応募いただいたぬりえはすべて空宙博で展示します。

募集期間 平成31年2月9日(土)から平成31年3月10日(日)
掲載期間 平成31年2月9日(土)から平成31年3月11日(月)
応募資格 中学生以下※一人一作品に限ります
応募方法 博物館1階A3実機展示場で用紙をお配りします。色鉛筆等も用意していますので、自由に色を塗り、完成した作品を博物館所定の場所にお持ちください。※作品は返却いたしません。
特典 作品をお持ちいただいた中学生以下の方に、空宙博オリジナルシールをプレゼントします。

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:272KB)

 

      問い合わせ先

      所属 航空宇宙産業課企画連携係
      電話 直通:058-272-8836
      内線:2939
      FAX 058-278-2653
      メールアドレス c11354@pref.gifu.lg.jp