ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

空宙博特別企画展「はやぶさ2‐はやぶさのその先へ‐」を開催します

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称「空宙博(そらはく)」)では、10月20日(土)から11月25日(日)まで特別企画展「はやぶさ2-はやぶさのその先へ-」を開催します。

企画展では、日本に2体しかない小惑星探査機「はやぶさ2」の実物大模型とともに、世界初となる様々なミッションに挑戦する「はやぶさ2」の活動をパネルや模型を使って分かりやすく紹介します。

また、「はやぶさ」が持ち帰った小惑星「イトカワ」の微粒子の県内初公開や、衝突装置爆薬部の実物大模型、小惑星由来と考えられている隕石等の展示のほか、専門家による講演会、映画上映会も開催しますので、どうぞお越しください。

 

イベント概要

主な内容

【目玉展示】

1.2010年に「はやぶさ」が持ち帰った「イトカワ」の微粒子

 展示期間限定:10月20日(土)から10月28日(日)

2.「はやぶさ2」衝突装置「インパクタ」の爆薬部の実物大模型

 展示期間限定:10月20日(土)から11月12日(月)

3.小惑星由来と考えられているコンドライト隕石(メキシコのアエンデ村近くで採取された“アエンデ隕石”と、南極で採取された“南極隕石”)

 展示期間:10月20日(土)から11月25日(日)

 

【関連イベント】

1.映画上映会

 10月21日(日)11:00から11:45、14:00から14:45

 「はやぶさ」と「はやぶさ2」の活躍を紹介する映画を2本上映します。

2.ミニ講演会&パネルディスカッション

 10月27日(土)13:30から15:50

 衝突装置(インパクタ)開発関係者によるミニ講演会&パネルディスカッションです。

3.講演会「はやぶさ2のその先へ‐日本の宇宙探査のこれから-」

 11月24日(土)13:30から15:00

 今後の宇宙探査をテーマとした講演です。(※要事前申込)

開催期間

平成30年10月20日(土)から平成30年11月25日(日)

開催場所 名称 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(空宙博)
所在地 岐阜県各務原市下切町5‐1
電話番号 058-386-8500
ホームページ 空宙博ホームページ(外部サイト)
参加料 通常入館料のみ
定員 関連イベントは140人
申込方法 氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号を明記の上、FAXまたは電子メールにて空宙博へお申し込みください。ホームページ掲載の申込用紙も使用可能。
申込先

(公財)岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

メールsorahaku@sorahaku.net

FAX058-386-9912

主催 (公財)岐阜かかみがはら航空宇宙博物館、岐阜県、各務原市

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:268KB)

 

      問い合わせ先

      所属 航空宇宙産業課企画連携係
      電話 直通:058-272-8836
      内線:2936
      FAX 058-278-2653
      メールアドレス c11354@pref.gifu.lg.jp