ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

缶サット甲子園2018岐阜地方大会を開催します(7/6中止)

中止理由

荒天のため

 

 

岐阜大学及び岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称「空宙博(そらはく)」)では、高校生が自作の缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)を打ち上げ、上空で放出し、地上へ降下・着地させる技術を競う、缶サット甲子園の岐阜地方大会を開催します。

これは、今後の人工衛星・ロケット・航空産業で活躍する人材を育成する「宇宙工学講座」の一環として実施するもので、当日は、公募した岐阜・愛知・静岡県内の11チームが参加し、プレゼンテーションや缶サットを使った各自のミッションを競います。審査の結果、優勝チームは今年10月に和歌山県で開催される全国大会に出場します。

 

イベント概要

開催日 平成30年7月7日(土)
開催時間 8時30分から16時00分
プログラム

【午前の部】(会場:国営木曽三川公園かさだ広場(各務原市笠田町))

 8時30分:開会式

 9時00分:事前プレゼンテーション(各チーム5分)の後、小型ロケットで缶サットを打ち上げ、ミッションを実行(順次プレゼンテーション・打ち上げ)

 

【午後の部】(会場:岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(同市下切町))

13時30分:事後プレゼンテーション(各チーム7分)

15時10分:最終審査

15時40分:結果発表・閉会式

 

※雨天の場合は、打ち上げができませんので、プログラムが変更になります。午前の部がなくなり、12時00分から岐阜かかみがはら航空宇宙博物館で機体の審査と事後プレゼンテーションを行います。

参加者

 10校(11チーム)49名(生徒39名、引率教員10名)

(県内)岐阜工業高等専門学校、県立可児工業高校、県立岐阜工業高校、県立多治見工業高校、県立岐阜北高校、県立岐山高校

(愛知県)県立岡崎工業高校、県立半田工業高校、県立春日井工業高校

(静岡県)県立浜松西工業高校

問合せ先

岐阜大学工学部(グローバルサイエンスコンソーシアム東海)

岐阜市柳戸1‐1

電話番号:058‐293‐2523

事務局長:岐阜大学工学部機械工学科知能機械コース教授

宮坂武志(みやさかたけし)

主催

【岐阜地方大会】

 岐阜大学

【全国大会】

 「理数が楽しくなる教育」実行委員会

 実行委員会会長山崎直子(やまざきなおこ)宇宙飛行士

 事務局長秋山演亮(あきやまひろあき)和歌山大学教授、

千葉工業大学主任研究員

関連リンク 缶サット甲子園岐阜地方大会(外部サイト)

 

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:278KB)

 

      問い合わせ先

      所属 航空宇宙産業課企画連携係
      電話 直通:058-272-8836
      内線:2939
      FAX 058-278-2653
      メールアドレス c11354@pref.gifu.lg.jp