ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

作業用ロボットを製造現場に導入するための人材育成セミナー受講を支援します

 県、各務原市等が出資する株式会社ブイ・アール・テクノセンターでは、製造業の現場にロボットを導入する際に必要となる人材を育成するため、「テクノプラザロボットセミナー」を開催します。このセミナーは、ロボットの導入提案や設計、組立などを行う事業者(ロボットSIer(エスアイヤー))と、ロボットを導入し使用する製造業者(ユーザー企業)を対象としており、導入に必要な知識や技術等を基礎から学ぶものや、実機を使用し操作やプログラミング等を行うもの等、7つのコースを用意しています。

 

 県ではこのセミナーに関し、県内の中小企業等を対象に、セミナー受講料の3分の1を助成します。また、各務原市及び関市では、市内の中小企業等を対象に、セミナー受講料の3分の1を別途助成しますので、いずれも該当する場合は定価の3分の1の負担で受講することができます。


 ロボットの導入を検討する事業者におかれては、ぜひこの機会をご活用ください。

 

発表資料 報道発表資料(PDF:212KB)
添付資料

テクノプラザロボットセミナーパンフレット(PDF:1,853KB)

テクノプラザロボットセミナー申込書(Word:50KB)

関連リンク 株式会社ブイ・アール・テクノセンター人材育成総合ページ(外部サイト)

    問い合わせ先

    所属 新産業・エネルギー振興課成長産業係
    電話

    直通:058-272-8835
    内線:2935

    FAX 058-278-2653

    メール

    c11353@pref.gifu.lg.jp