ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県の補助金を活用した水素ステーションが運営を開始します

 県では、来るべき水素社会の実現に向けた取組みの一環として、従来のガソリン車と比較して消費エネルギーが少なくCO2も排出しないクリーンな燃料電池自動車の普及と、燃料電池自動車に水素を供給するための水素ステーションの整備を推進しています。

 本県には、現在、岐南町(岐阜地域)・土岐市(東濃地域)の2カ所に水素ステーションがありますが、このたび、下記のとおり新たに3カ所が運営を開始します。これにより、県内の水素ステーションは5カ所となります。なお、いずれも国及び県補助金により整備されたものです。

 

 記

 

【整備事業の概要】

名称等:山本石油水素ステーション恵那(恵那市大井町1213-1)〔東濃地域2カ所目〕

運営開始日:平成30年3月26日(月)

整備方式:オフサイト型定置式水素ステーション

※水素製造機能を持たない(オフサイトという)常設型の水素ステーションのことで外部から運搬した水素を貯蔵して供給する方式

事業者名:山本石油(株)(恵那市大井町271-5)

事業者概要:水素ステーションの運営、石油製品、液化石油ガスその他各種燃料の販売など

その他:4月7日(土)午前11時から、事業者主催の披露式が同ステーションで開催される予定

 

名称等:OKB大垣養老水素ステーション(養老郡養老町船附2828-2)〔西濃地域初〕

 八百津水素ステーション(加茂郡八百津町久田見栂ノ木5233)〔中濃地域初〕

運営開始日:平成30年3月29日(木)

整備方式:移動式水素ステーション

※水素供給設備を搭載した車両が複数の水素ステーションを移動しながら直接燃料電池自動車へ水素を供給する方式

事業者名:(株)清流パワーエナジー(岐阜市笹土居町27)

事業者概要:水素ステーションの運営、燃料電池の販売など

 その他:同日午前10時から、関係者主催の開所式がOKB大垣養老水素ステーションで開催される予定

 

 

 

発表資料 報道発表資料(PDF:352KB)

 

    問い合わせ先

    所属 新産業・エネルギー振興課エネルギー係
    電話

    直通:058-272-8835
    内線:2935

    FAX 058-278-2653
    メール c11353@pref.gifu.lg.jp