ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

オープンデータを活用し“岐阜を遊びつくす”「アーバンデータチャレンジ合宿」を開催します

 県と公益財団法人ソフトピアジャパン及び市民グループ「CODEforGIFU」では、ソフトピアジャパン・プロジェクトの一環としてオープンデータの利活用促進を図っています。

 地域課題解決のためのオープンデータの利活用を目的として、自治体の継続的なデータ公開や企業の参画を促進するコンテスト「アーバンデータチャレンジ2018」の地域拠点の1つに、岐阜ブロックが3年連続で選定されました。

 本年は、“岐阜を遊びつくす”をテーマに、キックオフミーティングや勉強会を開催し、その集大成として、12月22日(土)締め切りのアーバンデータチャレンジ2018にエントリーする作品を制作するため、合宿を開催します。

 

概要

日時 平成30年12月8日(土)10時00分~9日(日)16時00分
場所 名称 ソフトピアジャパドリーム・コメッセ
所在地 大垣市今宿6-52-16
主催 CODEforGIFU、岐阜県、公益財団法人ソフトピアジャパン
対象

オープンデータの利活用に興味のある企業・個人の方、学

いろいろなチャレンジに挑戦してみたい方、コンテストに応募したい方

内容 合宿では、オープンデータを活用した様々なテーマ(チャレンジ)を実施し、アーバンデータチャレンジへのエントリーを目指します。

(実施予定チャレンジ)

[持ち込みミニハッカソンチャレンジ]

各自持ち込みテーマでミニハッカソンをしよう。

[ご当地鍋チャレンジ]

全国のご当地鍋のレシピをオープンデータ化し、岐阜にちなんだ食材から新しいご当地鍋を考えよう!

[kintone業務改善チャレンジ]

日常やコミュニティのちょっとした仕事をkintoneを使って解決しよう!

[シビックテックアーカイブチャレンジ]

日本全国に広がるシビックテック。各地の活動をスクレイピングして集めよう!

[お天気チャレンジ]

気象データを組み合わせて何かを分析したり組み合わせたりしよう!

※上記はチャレンジの一例です。チャレンジ内容は変更になる可能性があります。持ち込みのチャレンジ企画も大募集。
スケジュール 報道発表資料参照
定員 30名(先着順)
申込み

ソフトピアジャパンWebサイトで必要事項を入力し、送信してください。

申込みページ:https://www.softopia.or.jp/events/20181208udc/(外部サイト)

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:307KB)

問い合わせ先

所属

公益財団法人ソフトピアジャパ新サービス創出支援室

電話 0584-77-1188
FAX 0584-77-1107
メールアドレス seminar@softopia.or.jp