ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

中津川市落合山の田地内における亜炭鉱廃坑による特定鉱害(浅所陥没)と疑われる事案について

 昨日2月18日(火)、中津川市落合山の田地内において、亜炭鉱廃坑による特定鉱害と疑われる事案について合同現地調査を行いましたので、下記のとおりお知らせします。

 本件陥没による人的被害及び建物被害はありませんでした。今後、中津川市が特定鉱害復旧事業等基金により復旧工事を実施します。

 

 

1.被害概要

 ・被害発生場所:中津川市落合字山の田1126-5、1126-4

 農地、道路敷(中津川市道)

 ・被害の状況:浅所陥没1箇所(2.0m×1.5m×深さ(最大)2.0m)

 ※人的被害及び建物被害はなし

 

2.経緯

令和2年2月17日(月)

・9時30分頃地域住民が発見し、市へ連絡

・13時15分市が陥没箇所の計測及び市道の通行止めを実施

・17時00分市が県商工政策課亜炭鉱廃坑対策室へ被害概要書を提出

令和2年2月18日(火)

・13時00分から関係機関による合同現地調査

参加機関経済産業省中部経済産業局鉱業課

(公財)岐阜県産業経済振興センター

中津川市商工観光部工業振興課

県商工労働部商工政策課亜炭鉱廃坑対策室

県恵那県事務所振興防災課

 

3.危険防止対策

市が陥没箇所を含む市道の通行止め(延長90m)を実施済(バリケードの設置、迂回路あり)

 

4.今後の予定

 ・市が復旧工事を実施

 ※復旧工事に要する事業費は、特定鉱害復旧事業等基金によって手当てされます。

 

 

発表資料 記者発表資料(PDF:1.85MB)

 

 

    問い合わせ先

    所属 商工政策課亜炭鉱廃坑対策室
    電話

    直通:058-272-8359
    内線:3039

    FAX 058-271-6873

    メール

    c11351@pref.gifu.lg.jp